マーク方式の数学の問題を作ってみた。

仕事や趣味で数学の問題を解いています。その解いた問題や他に作った問題をマーク方式の問題にして出題しながら日常をつぶやきます。

場合の数の問題ver20181026

 
イメージ 1

今日は場合の数を数える問題です。
数学Aの内容なので選択問題になっています。
このような問題は個別試験でもよく出るので対策をしていれば解けるはずです。
 
数え上げはもれなく被りなくが基本です。
順番に数えていけばもれなく被りなく数えることができます。
時間がかかるかもしれませんが、確実な方法です。
数え上げの条件は必ずチェックします。
前半は同じ数が使える、後半は同じ数が使えないという感じです。
3桁の数を作る場合は百の位に0がくるとマズいです。
その場合を除いて考えます。
 
数え上げは難しいものが多いです。
特に確率の問題では重要になってきます。
問題文をよく読んでどのように数えればいいのかを考えていかないと漏れが出たりします。
気を付けないといけないことが多くて面倒かもしれませんが、確実にやっていくには面倒なこともやらないといけません。